新型コロナ感染拡大への対応について(追記)

本会は、新型コロナ感染症への対応に関する内閣府の諸協力要請を踏まえ、慎重な運営を心がけております。
北海道、東京、愛知、大阪、兵庫、京都、岡山、広島、福岡の9都道府県に出されている緊急事態宣言について、5月31日の期限が沖縄への宣言と同じ6月20日まで延長されました。
引き続き慎重に対応して参りたいと考えておりますが、以下の通り本部決定事項をお知らせいたします。

① 講習会、勉強会の実施について

従来より、教場主宰者は地域状況の違いを踏まえ、消毒体制の準備、少しでも体調に違和感のある者の入室禁止を厳重に心がけることを前提に、指導実施の可否を決すべきものとしております。(感染拡大阻止を大前提に地域情勢全体を踏まえ、自粛を含め慎重に判断すること)

今後も「緊急事態宣言」が発出された場合には、対象地域については、必ずそれに従うことといたします。

 <感染防止 大原則>
  ① マスク着用
  ② 検温チェック・手指消毒
  ③ 三密回避
  ④ 換気

② 研修会について

感染拡大阻止の観点から、以下の研修会を中止とします。

「本部研修会 in 熱海」4月9~10日、6月18~19日 中止

③ 緊急事態宣言下の本部業務について

感染拡大への対応及び職員保護の観点から、退勤時間の繰り上げを実施いたします。

平日業務時間 : 午前9時30分 ~ 午後4時30分

ページの先頭に戻る